レディ

建設で大事なこと|平板載荷試験で土地の強度をしっかり調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

環境を保護する責任

模型

人体に影響を与えるような物質がもし土壌を汚染していれば、そこにそのまま住み続けることはできません。住宅を建設する前に土壌汚染調査をして、安心して建設ができる土地にしましょう。

もっと読む

沈下量を測る

作業員

平板載荷試験は地盤調査の場面で使われる調査方法です。この調査方法の他にはボーリング調査やスウェーデン式サウンディングというものもあり、それぞれ土地に適した調査方法を行なうことになります。専門的な調査方法を多く提供している会社もありますが、こういったところだと信頼して任せることができるといえるでしょう。住宅は人にとってとても大事なものです。しかし、多くの人が住宅の調査についてあまり関心がなく、それが土地に関するものだと余計にいつも意識しているという人は少ないといえます。土地の下には地下水も流れていますし、軟弱な土地もあれば地震が起きてもびくともしない地質のところもあります。それを外側なら見分けることはなかなか難しいので、プロにしっかりと調査してもらいましょう。

平板載荷試験では鋼鉄の板を水平に地面に押し付ける試験を行ないます。水平に均等に力をかけて試験することで、その地面がどれだけの重さに耐えることができるのかを知ることが可能なのです。本試験と事前の試験の合計2回行なうことになります。8段に分けて力をかけていきますが、1つの段階で荷重をかける時間は30分となっています。平板載荷試験では沈下量を測定していくのですが、測定は30分の間に9回行なう業者もあります。5分毎に計れば的確な計測ができるでしょう。この平板載荷試験によって住宅を支持する力が残っているかどうかを知ることができるので、住宅建設の際にはメーカーなどに試験を依頼しましょう。

地下水位と土壌を調べる

工事現場

地下の水位が10m以内かつ砂地盤だと液状化が起きやすいです。そのことを知り、早めに対策をするために地盤調査は欠かせません。地盤沈下や液状化の対策は早めに行ないましょう。

もっと読む

段階を分けて調査

工事

無駄な調査を省くために、地質調査をする際にはたいてい予備調査から行なわれます。この段階で問題がなければ調査は終了しますが、もっと調査が必要となる場合もありそれが本調査で調べられます。

もっと読む