環境を保護する責任|建設で大事なこと|平板載荷試験で土地の強度をしっかり調査
男性

建設で大事なこと|平板載荷試験で土地の強度をしっかり調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

環境を保護する責任

模型

住宅を建設する前に土壌を調査することが大事ですが、土地の汚染は目に見えないのでしっかり調査する必要があります。これが法整備化され、注目された原因として、1960年代の世界な公害に対する問題意識が高まったことが挙げられます。日本では昔は環境に対する意識があまり高くなく、企業が環境汚水を垂れ流し、周辺の住民に被害を与えたのです。これは生産第一主義の風潮が基礎となってしまい、企業の意識の低下を招いたものとして問題視されました。一般の国民が注目したのが、化学物質が人体に与える影響です。汚染されている土地に暮らしていると健康被害が甚大になりますが、土地に染み込んだ物質は目に見えないだけに意識することができません。それだけに土壌汚染調査はとても大事な作業となってくるのです。

土壌汚染調査は住宅建設の際に行なわれますが、企業の事業所や工場を建設する際にも行なわなければいけません。工場では多くの人が働きますし、そこで働く職員の健康を守るのは企業の役目です。第一に人命や健康が重要ですが、それ以外にもコストを低く抑えるという目的で土壌汚染調査を行ないます。工場のような大きな建築物を建設した後で、土壌汚染による問題が出たとすれば、工場を移転することにもなりかねないのです。開発の際に不明な残土が発見された場合や、配管が破損した場合には、土壌汚染調査をした方が良いでしょう。そうすることで、周辺住民の信頼を得ることができますし、不動産売買の際にも土地の価値を下げることなく売却できるのです。