地下水位と土壌を調べる|建設で大事なこと|平板載荷試験で土地の強度をしっかり調査
男性

建設で大事なこと|平板載荷試験で土地の強度をしっかり調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

地下水位と土壌を調べる

工事現場

地盤調査をすることで、地盤沈下や地震の際に起こりうる液状化になりやすい土地を見分けることができます。そうすることで、災害を極力防ぐことができ、住宅や不動産を守ることが可能になるのです。その土地ごとに土の質が違い、建築物を支持できる力というものは異なってきます。地盤調査をして改良を行なえば、対策も行なえますので必ずプロに調べてもらいましょう。地盤調査では地下水位の調査が重要視されているのですが、これが液状化の原因にもなってきます。液状化はこれだけが原因で起こるのではなく、複数の原因が組み合わさって起こるものなので、地震が起こらない限りは問題なく過ごすことができます。しかし、そこが地震がよく起こるところで、土壌が砂地盤なのであれば確実に大震災の際には液状化してしまうのです。

地盤調査ではこういった液状化しやすいところかどうかを知ることができます。今住んでいるところの土壌が気になるという人は調査をしてみましょう。既存の土地の下に液状化対策を施すこともできますので、問題が発覚した場合は引き続き改良対策を業者と相談するべきです。いくつか工法があるので、確かめてみましょう。1つが砂地で密度があまり高くなかった地盤を固める方法です。この方法では土壌の組織を増やすという手法が採用されていますが、新設の建築物に向いている方法です。既設の建築物なら、地盤固化か、地盤から水を抜く方法が最適でしょう。耐震補強にもなりますので、地盤調査を行なって早めに対策しましょう。